top of page

第5回 ミャンマー問題研究プロジェクト

第5回ミャンマー問題研究会開催いたしました。2021年の軍事クーデターにより、再び軍事政権と民主派勢力の抗争、さらに民族紛争激化と大量の難民・避難民問題・・と解決困難な問題が山積みし、出口の見つからない袋小路に陥った感のあるミャンマーです。さらにウクライナ戦争が世界の関心を集め、逆にこれほど悲惨な状況にあるミャンマーの実像すら私たちに十分に伝わっていない現実があります。しかし、アウンサンスーチー女史の恩赦や軍事政権の選挙実施への動きなど、来年にむけて様々な変化が読み取れます。

そこで今回は新聞社のバンコク支局特派員としてミャンマー問題を長期間継続的にまた現場で取材されて来られたジャーナリストの北川成史氏に、現在のミャンマー、そこでの動きと展望について講演をいただきました。


(会場参加)

北川成史、細田満和子、吉田鈴香、鳩山友紀夫、首藤信彦、大野拓夫

2023年10月11日(水) 14:00~16:00





Commentaires


bottom of page