top of page

政治と公共哲学に関する研究会:小林正弥千葉大教授の講演と全体議論

コミュニタリアニズム研究の第一人者である小林正弥教授の翻訳と解題による「リップマン公共哲学」が発刊されたのを機に、現代における公共哲学の意味を小林教授に解説いただき、その後、今の日本の混沌低調な日本政治において、公共哲学がどのように役立つかを参加者と議論する場を開催しました。


2023年3月22日(水)

14:00~16:00

アイオス永田町にて



Comments


bottom of page