拡大教育会議<第二次中間報告>

2022年3月から5月にかけて、全6回開催された「拡大教育会議」での

中間報告をまとめました。


次の日本への教育拡大会議 [第二次中間報告] 100年に1度の教育改革

自分の中に「学校」をつくる

―主体的にデザインする学びー

2021 年 9 月に「人新世を生きる君たちへ―次の日本への教育改革」を刊行してから、

多 くの方に共感を持って迎えられた<20 の教育改革救急提案>。

1. 教育予算倍増。現行の 2 倍 2. 幼児教育から小中高までを全て義務教育とし、無償化

3. 本格的幼児教育の充実 4. 小中学校 20 人以下学級 5. 成果評価を再考し、ポートフォリオ分析 6. プロジェクト教育・学習とアルゴリズム教育・学習の推進

7. オンライン教育を教育の隅柱に 8. 学校施設外を教育の場に 9. 教育理念と現場の乖離の抜本改革 10. 多様な学びの場の形成 11. 教育ケースワーカーの育成 12. 高校を完全無償化し、義務教育の最終段階と位置付ける

13. 大学無試験アクセス制の導入 14. 大学 3 年早期卒業への大道を用意 15. 文系・理系の二分制廃止 16. 大学院を事実上無償化。博士には基礎研究費給付。

17. 政治・シチズンシップ教育を充実 18. 高齢者の学習権の保障と社会教育の充実 19. 教員の飛躍的能力向上 20. 教育高等学院(仮称・公立)創立


今回、この中間報告に新たに3つの重要な提案を加え、第2次中間報告として発表します。


21.社会教育の振興を通じたコミュニティの再生

22.ダイバーシティとインクルージョン 23.「コンセプトとしての日本」の形成に向けて


詳細は、以下のファイルをダウンロードしてご覧ください。


第2中間報告Ver.0.4
.pdf
Download PDF • 498KB

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示