top of page

危機に直面する公的医療の課題を考える/本田 宏氏勉強会

あれほど大騒ぎをした新型コロナ・パンデミック騒動の記憶もいつしか薄れ、当時は危機感を共有したはずの公的医療や病院のあり方についての議論も忘れ去られようとしています。 しかし、いままさに公的医療は危機に瀕し、地域の医療体制は劣化が進行しています。 今回その実態を描いたVTR「公的医療はどこへ行くー差し迫る医療崩壊―」(遠藤大輔監督)の公開を機に研究会を開催します。 最初の30分間、DVDを視聴し、それを基に深刻化する日本の医療と医療体制について議論しました。 2024.4.25 アイオス永田町にて



閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page