共和リサーチセンターとは

共和リサーチセンターは日本初の政策シンクタンクです。民主主義システムにおいては、

国会=立法府が国の進む方向を決め、具体的な政策とそれを現実化する立法行為を担うはずですが、日本では実は本来は行政府にすぎない官庁が国のかじ取りから予算、そして法案作成を独占しています。


その背景の最大の要素は、国会の議員に政策立案や法制化を担う能力がないからです。アメリカでは無制限に活用できる政策秘書団の他、ブルッキングス研究所(民主党系)、ヘリティッジ研究所(共和党系)といった巨大シンクタンクが議員の立法活動を支えています。
日本では自民党の一党支配が長期間続き、自民党は官僚組織をあたかも自分たちの政策秘書やシンクタンクのように私物化してきました。その結果、日本では社会変動や世界の動きに対応することもできなくなってきています。


共和リサーチセンターは国会議員個人に対し、資料提供、政策アドバイスそして立法化支援を行う日本最初の政策シンクタンクを目指しています。


それがシンクタンクや研究所という名称ではなく、バンドという名称になっているのは、単に知識や情報の提供だけにとどまらず、その政策やアイデアが現実のものになるための議員や市民組織の行動も支援しようという意図に基づいています。

LumixSync_copy_2021-08-19 05-59-44 +0000JpegFile_edited.jpg

※共和バンドの事務所があるアイオス永田町から、参議員会館の方を撮影しました。

​寄附のお願い

共和バンドではみなさまのご支援を賜りたく、お願いしております。いただきました支援金は、新共和主義研究会の運営費、および、この理念を広めるための活動に使わせていただきます。


振込先: 三菱UFJ銀行 赤坂見附支店
名 義:共和バンド
預金種目:普通預金
店 番:064
口座番号 0508027